世間では家を買うことばかりが推奨される傾向がありますが、賃貸には賃貸の良さが確実にあります。

プロに聞いた賃貸物件探しの注意点
ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花>
CONTENTSプロに聞いた賃貸物件探しの注意点

賃貸にも物件購入に負けず劣らず素晴らしいメリットがあります

マンションの一室や、一戸建ての借り家に支払う賃貸料と、家や分譲マンションを買った際のローンの1ヶ月分の支払金額が同じくらいなら断然買った方が良い、という話を良く聞きます。しかし、本当にそうなんでしょうか?賃貸にも、物件購入に負けず劣らずのメリットがあるはずです。確かにローンにはいつかは終わりがやってきます。完済する瞬間が訪れます。そして払い終わった後は、住まいに支払う料金を気にせずに老後を過ごせます。これは魅力です。物件購入のメリットと言えるでしょう。賃貸だと老後もずっと払い続けなければいけません。

しかし、賃貸のメリットは確実に存在します。賃貸には賃貸の良さがあるのです。まずは家族構成ですが、長い人生の間にどうしても増減が発生します。その際、現在住んでいる物件よりも大きい物件、または小さい物件に引っ越せます。引越し代が結構かかってしまいますが、物件を購入した人よりは圧倒的に引越ししやすいです。また、今まで住んでいた物件を出ていったあと、次に住む人がいるかいないか心配する必要は全くありません。それから、同じ理由で収入の増減に引越しで対応しやすいのも賃貸の方です。給料が大幅に下がったり、職を失ったりした場合は、安い物件に引越せます。

次ですが、お部屋や設備に破損・消耗・故障等が発生しても、賃貸の場合借りている側に問題が無ければ支払う必要はありません。極端な話をすれば、購入だと物件が全壊した場合でさえローンを払い続けなければいけません。次に住む物件のローンと合わせて、二重ローンになってしまう恐れもあります。賃貸にはそのような心配はありません。それでは最後になりますが、同じくらいの金額を払うとしても、賃貸と購入では精神的なプレッシャーが全く違います。言うまでもなく賃貸の方が金銭面での圧迫感少なく生きていくことができます。賃貸にも購入にも、それぞれ大きなメリットがあります。ご自身の性格や収入と照らし合わせて、どちらにするかよく考える必要があります。

注目の情報