マンションなどの賃貸物件で見ることがあるサービスルームとそれに関する建築基準法について紹介しました。

プロに聞いた賃貸物件探しの注意点
ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花>
CONTENTSプロに聞いた賃貸物件探しの注意点

マンションなどの賃貸物件でSと表記される部屋

賃貸物件の情報を見ていると、特にマンションで間取りの中にSと表記された部屋があることがあります。このSというのはサービスルームのことを言います。しかし実際に見学に行くと窓もあり広さもそれなりにあって、普通の部屋とあまり大差ないようにも見えます。更には、同じ間取りなのに上の階では1つの部屋としてカウントされているのに、下の階ではサービスルームとして扱われていることもあります。中には本当に納戸であることもありますが、なぜこのようなことになっているのでしょうか。

その理由は建築基準法にあります。建築基準法では、人が長時間過ごす部屋のことを居室と呼びます。そしてこの居室には陽の当たり方や換気を行う窓などの最低ラインが定められているのです。例えば採光条件は部屋の床面積の7分の1以上と定められていますが、これを満たしていないと建築基準法上の居室とは呼べず、結果として賃貸情報などとして出回る物件の情報には部屋としてではなくサービスルームとして掲載されることとなります。これが普通の部屋とサービスルームの違いです。つまりは、広い部屋であっても建築基準法を満たしていなければ部屋とは認識されないということです。ですが、前記したように広さもあり窓も付いていることが多いですので自分さえ了解すれば部屋として十分機能します。賃貸情報を閲覧してサービスルームを見つけたら積極的に見学に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

注目の情報