これから賃貸物件を探される人達が後悔される事がないように、物件選定のポイントを語りたいと思います。

プロに聞いた賃貸物件探しの注意点
ウォーター?ドロップ?クォーツ - 2/19の誕生花>
CONTENTSプロに聞いた賃貸物件探しの注意点
プロに聞いた賃貸物件探しの注意点

賃貸物件を探す際の注意点

現在においての賃貸物件を探す方法としては、まずネットの検索から行われると思われます。そして、興味ある物件が見つかれば内見する流れになります。確かに近年では、不動産業者も大半の物件をネットに掲載していると思われますが、以前であれば「堀り出し物件」の場合には、来店しないと紹介して貰えなかったケースが多くありました。この様に考えれば、不動産業者巡りをされるのもお勧めしたいところであります。来店客の方が、力が入るのは間違いないでしょうから。

この不動産巡りを行うにあたっては、今後自分が住みたい地域を選定したうえで行うと効率が良いでしょう。誰しも、その地域で住みたい場所はあると思われますので。また、不動産業者においても、近隣地域の物件を数多く扱っているものです。それに、その地域の特性や情報も良く知っていますので、居住するにあたっての注意点とかもアドバイスして貰えるでしょう。この様に考えると、営業マンとの相性も大切であると思われます。入居後においてのクレームの窓口になってくれる人物でもあるでしょうから、意外に重要なポイントになるかもしれません。

そして、物件を見る場合には、外観や全体の雰囲気が明るい物件が望ましいでしょう。極力、RC構造のマンションタイプが良いと思いますが、家賃面が厳しければ、次は鉄骨造とかにして構造面には拘りたいところです。隣室との騒音問題には苦労させられると思われますので、木造アパートは最終手段と考えておきたいところです。また、都市ガスかプロパンガスかも重要であります。プロパンガスの場合には、ガス業者が建築時に無償で取り付け工事を行ってあげる代わりに、その分を入居者のガス料金から徴収されるケースも散見されます。その為、割高なガス料金を請求される可能性があります。これ以外においては、有線放送専用のテレビアンテナの設置が求められたりもあります。それでも、親切な家主の場合には、ごみの回収を独自に業者に依頼してくれたりと、付加価値が付いている賃貸物件も増えている様子です。